読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロリについて - Random Walker Log's Log

ピロリについて - Random Walker Log's Log http://nloglogn.hatenablog.com/entry/2016/07/05/230000

ネット初出は2004年のこのウィキペディア記事だと思われる
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%9B%B2%E7%B7%9A&oldid=917738

 

こちらは2010年頃の基地外。一応。
経験曲線と学習曲線 | マイブログ - 楽天ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/jiroh26/diary/201011260000/
経験曲線効果と学習曲線 | マイブログ - 楽天ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/jiroh26/diary/201004150005/
経験曲線と学習曲線 | マイブログ - 楽天ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/jiroh26/diary/201310110000/
経験曲線と学習曲線 | マイブログ - 楽天ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/jiroh26/diary/201211070000/

 

ウィキペディア記事は平成16年10月23日 (土) に作成され追加されたようだ。
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%9B%B2%E7%B7%9A&diff=1054340&oldid=917738

 

このページの作成・編集者は
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%A8%98%E9%8C%B2/222.148.43.69

と心理学関係をいくつか追記している。なんかアヤシイ文章だ。通俗書からの無断転載だろう。

多湖輝とか70・80年代の新書なんかはこういう「出典不明で人名と実験内容だけ呈示される」類の情報が多い。

 

こちらもどうでもいいネタ
http://www.gen.t-kougei.ac.jp/math/ueno/material/seminar/2007/shibayama.pdf
の参考URL
http://wayback.archive.org/web/20070310200217/http://checkpsychology.com/8A778F4B8BC890FC/
Wikipediaの引用だったズコー i.e. 多分ウィキペディアは初出っぽい

 

どっかのパワポ

https://www.cs.drexel.edu/~salvucci/courses/cs630-f14/lectures/cs630-l1.pdf
25日間の実験で、"The sailor is in the park."を使用
Pirolli & Anderson (1985): Pirolli & Anderson (1985): The ” sailor is in sailor is in the park”のような文章を繰り返し練習させ たのち,その文章をどれだけ早く再認出来 るかをテスト

• 反応時間=1.40*練習日数^(-0.24)

右側図と同じのは、原論文4ページ目
https://www.gwern.net/docs/spacedrepetition/1985-pirolli.pdf#page=4

 

原論文では "the sailor"ではない(はず。よく見てない。)

 

結論: 

1. 元論文ではモデル式の呈示ナシ

2. モデル式は多分、他人が「要約」した式

3. 他人とは、本邦心理学通俗書または論文を引用した人(被引用文献を見ていけばいいんだが面倒くさいのでやってない)